一般社団法人 アーティストコモンズ

アーティストコモンズは、アーティストの才能と魅力を広く知らしめ、その付加価値を最大化することにより、エンタテインメント産業文化の振興とその継承・保全に貢献します。

■設立 2019年8月1日
 プレスリリース資料は こちら(※右クリックでダウンロード)
 8/7(水)開催の事業説明会でのプレゼン資料は、 こちら(※右クリックでダウンロード)
■社員
  一般社団法人日本音楽事業者協会(JAME)
  一般社団法人日本音楽制作者連盟(FMPJ)
  一般社団法人コンサートプロモーターズ協会(ACPC)

■準社員
  一般社団法人日本レコード協会(RIAJ)
  一般社団法人日本音楽出版社協会(MPA)
  公益社団法人日本芸能実演家団体協議会・実演家著作隣接権センター(CPRA)
  一般社団法人著作権情報集中処理機構(CDC)
  一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)
  株式会社レコチョク
  株式会社NexTone

■理事
  会長
    中井 猛 (株式会社スペースシャワーネットワーク相談役)
  理事長
    三浦 文夫(関西大学社会学部教授) *法律上の代表理事
  専務理事
    松野 玲(株式会社VVJ代表取締役社長)
  理事
    中井 秀範(一般社団法人日本音楽事業者協会専務理事)
    浅川 真次(一般社団法人日本音楽制作者連盟副理事長)
    横山 和司(一般社団法人コンサートプロモーターズ協会常務理事)

■監事
  椎名 和夫 (公益社団法人日本芸能実演家団体協議会・実演家著作隣接権センター(CPRA)運営委員)

■顧問 
  中村 伊知哉(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)
  菊池 尚人(一般社団法人CiP協議会専務理事)
  竹田 秀一(ジャパンミュージックネットワーク株式会社代表取締役)
  尾崎 常道(株式会社ネクストウェーブ代表取締役)
  福井 健策(骨董通り法律事務所弁護士)

アーティストコモンズのビジョン

設立の趣旨・目的

メディア環境の変化

AI、ブロックチェーン、IoT、5G、VRなどエンタテインメントの世界にも次々と新しいテクノロジーの波が押し寄せてきています。すでにCDからサブスクリプション、紙から電子チケットなど、フィジカルからデジタルへの移行は着実に進んでいます。 検索、SNS、レコメンドエンジンなどの登場で、従来とは異なるアーティストプロモーション手法が求められるようになりました。

サービス連携の必要性

けれども、音源サービス、ストリーミング配信、ライブチケット、ニュース・ランキング、放送などのサービス連携は十分ではありません。そのため、アーティスト、ユーザー双方にとって機会損失が生じています。

アーティストの価値

そこで、スマートフォンを中心とする現在のメディア状況において、様々なサービス連携を可能にすることでアーティストの付加価値を最大化することを目的としてアーティストコモンズが設立されました。

入会案内

入会の手続きは、ファイルでご案内しています。

入会案内資料(zip)

(右クリックでダウンロード)

お問い合わせ

入会についてのお問い合わせはアーティストコモンズ事務局までお願いいたします。

一般社団法人アーティストコモンズ 事務局
〒107-0052 東京都港区赤坂4-3-26 マスターズ赤坂301(一般社団法人融合研究所内)

  メールアドレス:info@acoms.jp